収納スペースが足りないから片づかない?

スタッフ 川鍋です。

自宅でお料理教室を開催する、Mさんのキッチンの片づけサポートをご紹介します。

家全体を客観的にとらえてみる

以前、片づけ収納講座にご参加いただいたことがキッカケで、片づけサポートに行かせてもらうことになったMさん。

「実は、我が家は築30年で古いタイプの間取り。収納が少ないの。精一杯自分で工夫したし、これ以上は無理な気がしているんだけど、自分が今後も楽しくお料理教室を続けたいから、プロの知恵をもらってやれることを見つけたい!」と、とても前向きな考え方をお持ちでした。

Mさんのキッチンは、確かにお料理教室を開催するには手狭感あり。

お料理の先生なので調理ツールはそれなりに必要ですが、スペースにも制限があるため、一見改善は難しいように思えました。しかし、ご自宅全体の間取りの使い方など、さまざまな話を聞くうちに、突破口が見つかったんです。

二世帯住宅にお住まいのMさん。
2階がご自宅、1階はご両親が住まわれていたのですが、他界されたとのこと。その1階を有効活できないか伺ったところ、

「そう言われてみれば、そんな方法もありますね。気づかなかった!」と、目をぱちくり(笑)

毎日暮らしていると「この家じゃ無理だよね」と違う視点で物事を見られなくなるもの。でも、思い込みを外して、家全体を客観的な視点でとらえることで、新たな改善策が見つかることが多いんです。
その視点を提供するのが、私たちプロの役目。

「今の私はどう?」という視点でモノを見直す

活用できるスペースが増えたとはいえ、単純にモノを移動させればいいわけではありません。移動させる前に「ここにあるモノが本当に必要なもの?自分の暮らしを助けてくれるもの?」という視点で見直すのがおススメ。

モノではなく自分を主体に見直すことで、モノの量が減り、収納スペースをむやみに埋める必要がなくなります。減らすことに抵抗がある方も多いとは思いますが、「減らす」ではなく「残すモノを選ぶ」という視点を持つと抵抗なく作業が進められますよ。

 

実は、Mさんは「断捨離はしてきたから、これ以上はモノは減らないかも」とおっしゃっていたんですが

改めてモノを一つ一つ手に取ってもらい「今どんな風に使っていますか?」と質問すると、

「あれ?数年前まではよく使ってたけど、今は子どもも成人して使わないわ!」
「お酒を飲む時の氷入れとして使ってたけど、よく考えたら今好きなお酒は氷不要!(笑)」など、キッチンから外に出せるものがたくさん出てきました。

「言われてみたら、そうね~!あるわね~!(笑)」とMさん。

「今の自分はどうかな?」という視点を持つだけで、必要なモノがグッと絞り込まれました。

 

時が経つのは本当に早いですが、モノも自分と同じようにアップデートしてあげるといいですね!

片づけてどうしたいか「決める」

Mさんが片づけようと思った理由は、

  • お料理教室の際に生徒さんに作業を見てもらうスペースが狭いこと
  • 収納が足りず床にモノが出ていて困る

とのことでした。


ところで、片づけで大事なのがゴール設定。何をどうしたいのか、ゴールが見えると行動が進みます。

よく山登りに例えますが、
「山に登ろう」だと、いざ登りはじめたものの、山のどこがゴールなのか決めていないと「疲れたらそこでやめちゃおうか」そんな気になりますよね。
でも「5合目までいく!」と決めていたら、疲れても「5合目までは頑張ろう!」って思えたり。

 

Mさんにも、ゴールを設定してもらいました。
生徒さんが快適に参加できるように、どんなキッチンにしたいか、それは具体的にどうなってたらいいのか考えてもらうと、

  • IHコンロを複数置いたり、調理の様子を見てもらうスペースが欲しい
  • 床のゴチャゴチャをなくしたい

そのために、作業カウンター上のモノをなくし、床にモノを置かない、という具体的なゴールが見えてきたんです。

こんな時にオススメなのが『決める』こと。

「ここは調理スペースとして使えるようモノを置かない」と『決める』んです。
「何となく置いちゃった」ではなく、「置かない!」という強い意志を持つ。そうすると「ここに置けないなら他のどこがいいかな?」と考えるようになります。

山登りの例えだと、5合目まで行くと決めたけど、疲れて動けなくなった場合。
じゃあどうすればいいか?
休憩して力をたくわえるとか、ケーブルカーを使うとか(笑)、とアイデアが出てきますよね。

ゴールを『決めた』おかげで、あんなにモノが満載だったのに、こうなりました。

作業カウンターができました!

床置きのモノがなくなりました!

Mさんのお宅には一度訪問しただけ。収納講座でお伝えしたことと、訪問時のアドバイス、一箇所を一緒に片づけ作業してみたことを元に、ご自身で進められました。

 

いただいたご感想を一部抜粋してご紹介します。

たくさんのアドバイスと実践を見せていただき、ありがとうございました!
私にラックをなくす発想が全然なかったので、衝撃でした。やはりプロの方のアドバイスは必要ですね。いいきっかけを頂きました。感謝してます🤗
お陰様で目標の3月末までにキッチン変身計画完了しました👍
すっきり見通しのいい動きやすいキッチンになりました💕
ほんと、いいタイミングで出会えたことに感謝です🤗
クックに来る人の反応が楽しいです🎵
こんな状況でなかなか予定が立ちにくいかと思いますが、是非見に来てくださいね❣️

Mさんからのメッセージ

 

私よりひと回りお姉さんのMさん。
二世帯でそれなりに大変な時期もあったそうですが、「自分の人生を楽しくするのは自分次第と思うキッカケがあり、それ以来、色んなことにチャレンジして楽しんでる」とおっしゃっていました。
今回の片づけもチャレンジのタマモノですね!

 

素敵な出会いがあることが、この仕事の醍醐味です!

どんな家でもあきらめず、ゴールを決めてできることを工夫してみてくださいね。応援してます!

 

関連記事

  1. 片づけサポートで夢の実現も応援します!

  2. 「とりあえず詰め込め!」の引越しから、ヨガの先生を呼べる家に…

  3. リモートワークが標準?自宅を見直して『新しい仕事様式』に

  4. 職場復帰してもゆとりのある暮らしを