高いハードルはいらない!「穏やかな気持ちで過ごす」に焦点を

スタッフ矢田です。

非常事態宣言が発令され、子どもたちにとってはさらに長い長い春休みが続くことになりましたね。たまに気温が急に下がる日があるものの、季節が春で良かったと思うくらい天気に励まされている毎日です。

インドア派の我が家の子どもたちは、今のところそれほどのストレスは感じていないようですが、それでも度重なるネガティブなニュースには、もう聞きたくなさそうな反応を見せています。

残念だったのは入学式も延期になってしまったこと。この状況では仕方ないですし、安心してできる時に延期するのは最良の判断と思います。

ただ、やっぱり残念は残念で。
楽しみにしていた娘のために、自宅で「プチ入学式」を催行しました。

100円ショップで買った画用紙で主人がサクッと式次第を作成。
その後これに沿って、家族が校長や在校生代表など、それぞれの役割を担ってスピーチをしました(笑)

新入生代表役の娘が挨拶して、入学証書授与。
締めは、あらかじめ娘と作っておいたケーキを食べておひらきです。

スポンジケーキは冷凍のものを使って、生クリームだけ作ってデコレーションしました。
本当に簡単で全然手は込んでないけれど、気持ちだけはたくさん込めました。

 

桜の下で、ランドセルと共に写真をパチリ。
いつになるかわからない本当の入学式を楽しみに、我が家なりの節目を終えました。

 

『STAY HOME』

「時間があるこんな時だからこそ片づけよう!」と思う方も多いと思うのですが、現実は子どもとずっと家にいたら、片づけまでなかなか進みませんよね(笑)
我が家では毎日のように量産される娘の工作があふれていて、折り紙の切れ端が次々と床に舞い降りてきます…

お出かけできない、友達にも会えない、自宅で仕事も思うように進まない、、ストレスがたまって当たり前の時期です。

高いハードルを自分に課さず、『少しでも穏やかな気持ちで日々を過ごすためにはどうしたらいいのか』ということに焦点をあてて、無理せず過ごせるといいなと思います。
そして、そんな日々の中で『自分がどんなことにストレスを感じてるのか』にたくさん気づくことが、今後お片づけをして心地よい空間を作る時の大きなヒントにつながります。

ぜひメモを残して聞かせてくださいね!

 

関連記事

  1. 直感を信じて、未知の世界へ飛び込んでみたら得られたこと

  2. ストレスを減らすだけでなく、おうち時間をどう楽しむか?

  3. 貴重な家時間。普段はできないことをあえてやってみる

  4. オンラインイベント参加のススメ

  5. 忙しい毎日でも、時間を確保して自身の「おへそ」を知る

  6. リモートワークが標準?自宅を見直して『新しい仕事様式』に

  7. 自分だけじゃない、みんなも頑張ってる!