小学校卒業、お役目御免のランドセルをどうする? Part-1

今日の息子、ランドセルでの登校最終日でした。

6年前の入学当初は、ちっこい背中に大きなランドセルだなぁと思っていましたが

その後は改めて眺めることなく過ごしてきたので、気づいたらランドセルの方がちっちゃくなっていました。

いよいよこのランドセルもお役目御免となるわけですが、そうなると「使わなくなったランドセルをどうする?」問題に対処しなければなりません。

私自身のランドセルは、卒業後しばらく取っておいて処分したような・・・。

夫のランドセルは6年間は耐えられず、早々に壊れてしまったとのこと。
本人も「あばれはっちゃくみたいに振り回してた」と証言しているので当然の結末。(分かる方は同世代ですね)

そして息子のランドセル・・・
今の商品はよくできていますよね〜。途中壊れるかもしれないから6年間保証がついているのがいい!なんて思いましたが、メチャクチャ丈夫。

中学生の荷物は重くて、みんな鞄(リュック)が壊れるなんて話をきくので、なんなら中学でもこのランドセル使っちゃえば?とも思ったり。
それはさすがに息子も嫌がるよね〜。

そしてタイミングよく持ち帰ってきたチラシ、ソフトバンク株式会社による
『愛のランドセル寄付プロジェクト』

なんと、寄付することができるんだそうです!
ただし以下のような条件あり。

    • 卒業後5年以内のもの(経年劣化を考慮して)
    • 破損や落書きがないもの
    • 防犯ブザー、名札、キーホルダーなどすべて取り除いたもの

そこで、息子に提案してみました。
「こんな風に、ランドセルを他の国の子どもたちに使ってもらえるから貢献してみない?」

どうやら、卒業式の日に友達からランドセルにメッセージを書いてもらおうとしていたようで一瞬躊躇しましたが、このプロジェクトに賛同し、寄付することになりました。
「寄せ書き」とはいえ、結果はお下品な言葉のオンパレード。確実に「落書き」になってしまうのが想像できたのでしょう(笑)。

正直、寄付に賛成してくれたことでホッとした私。だって、落書きまみれのランドセルが部屋に鎮座していたら・・・

ということで、次回は実際にどんな手順で寄付したのかをお伝えします。

関連記事

  1. ラクな家事を遠ざける「○○すべき」の思い込み

  2. 自分の中では当たり前になっている「思い込み」

  3. ソファが欲しい!購入前にチェックしたい5つのポイント

  4. 溜まりがちな保冷剤、減らそうと思ったけどやめました。【モノカ…

  5. 忙しい毎日でも、時間を確保して自身の「おへそ」を知る

  6. 台ふきんのニオイ問題は解決済み!使い捨てクロスを使い切るには…

  7. シンプルな空間。スッキリし過ぎて寂しいときは

  8. 読書嫌いな子どもに、本を読ませたいお母さんのための心得

  9. ホントはもっとスムーズに動けるはず!キッチン収納