自分だけじゃない、みんなも頑張ってる!

スタッフ 矢田です。

公立小中高の休校ニュース、驚きましたね。
仕方ないとは思いつつも、エネルギーが有り余っている小5男子と、卒園入学を控えている年長娘のことを考えると「これからどうなっちゃうの?!」と、頭がぽかーんとしてしまいました。

 

でも昨日の夜、布団の中で思い出したことがあります。

我が家は2月の初めから家族がインフルラッシュでバタバタでした。
夫は立て続けにインフルAもBもかかりトータル2週間くらい休んでいました。息子もインフルでの休みに加え学級閉鎖もあり長期休みの事態に…。
その期間は仕方ないとは思いつつも、娘の幼稚園の送迎、看病、食事の準備、仕事にも行きヘトヘトモード。

『ぜんぶ私がやってる・・・』

そんな気持ちがジワジワとわいていたある朝、
娘を幼稚園に送った後に車を運転しながらふと目に入ってきたのは子どもの手をつないで登園中のママたちのがんばる姿。
普段なら何とも思わないだろう普通の光景なんですが、なんだかグッとくるものがあったんです。

「世のお母さんたち、ほんとにお疲れさまですっ!!」ってつぶやいてました。そして気持ちがすごく晴れたんです。

こういうイレギュラーな事態の時って、自分だけが大変な気がして、イライラして周り(特に夫)に八つ当たりしちゃったり、いろいろな感情がドバーッと出てきやすいですよね。(私だけ?笑)
でも、こうしてすれ違うお母さんひとりひとりにも、きっと背景には様々な事情があって、自分だけが大変なことなんてないんだよなって思ったんです。

そんなことを思い出しながら、今回の緊急事態もいつまで続くかわかりませんが、できるだけ機嫌よく過ごすように、自分だけじゃなくてみんなも頑張っているんだという気持ちでいたいなと思いました。

 

いつもよりも家にいる時間が長くなりそうなので、引き出しのひとつを整理をしてみるのもいいですよね。
こんな時だからこそできることのリストを作ってみるのもいいかも!

 

関連記事

  1. 忙しい毎日でも、時間を確保して自身の「おへそ」を知る

  2. 直感を信じて、未知の世界へ飛び込んでみたら得られたこと

  3. ストレスを減らすだけでなく、おうち時間をどう楽しむか?

  4. 改めて感じる、顔を突き合わせて話をすることの大切さ

  5. 貴重な家時間。普段はできないことをあえてやってみる

  6. リモートワークが標準?自宅を見直して『新しい仕事様式』に

  7. 梅シロップ&シソジュース 新たなチャレンジで夏の暮…

  8. 服の持ち方は「暮らしやワークスタイル」と共に変化させて

  9. オンラインイベント参加のススメ

  10. 高いハードルはいらない!「穏やかな気持ちで過ごす」に焦点を