『片づけ』それ、本当に自分でやりたいことですか?

前回の記事では、先日開催した【チャリティお片づけ相談会】にご参加くださったみなさまのご感想を紹介させていただきました。

今回の相談会でも感じたことですが、ご相談に来られるお客様は自分に対して非常に厳しい方が多いんです。

〇〇できていないから、私ダメなんです。
私がちゃんとしなきゃ!
ちゃんと〇〇したいんです!

みなさん、完璧な母・完璧な妻・完璧な女性を目指しているんですね。
お客様とお話ししていると、私ってなんていい加減なんだろう・・・と恥ずかしく思えてきます。

『力の入れどころ』を考える

でも、片づけでお悩みのみなさん、

片づけのプロになるわけじゃないですよね?
そんなにがんばる必要はないんじゃない?
そこは人に任せて、他のことに力を入れてみたら?

そんなに全てを完璧にこなそうとしていたら、本当にやりたいことに力を注ぎきれない状態になりませんか?もしかすると、完璧にがんばること自体に美徳を感じているのでは?

力の入れどころ、力の抜きどころを考え、苦手で好きではない片づけは人に頼ってお任せしてみるのも一つの方法です。

そうは言ってもお金がかかることですから、力の入れどころだけでなく、お金のかけどころも考えて。

お金をかけて人にやってもらうこと

私も以前は、なるべく出費は抑えて自分でなんとかがんばる!という考えでした。

でも苦手なことや楽しくないことプロに頼んだ方がキレイで早くてラクなことは、多少お金がかかってもお願いするようになりました。

だって
やっていて楽しいことに時間を使いたいですから♪

 

例えば

好きではなく、時間がかかること

エアコン掃除・浴室全面掃除は、自分でやりたくないからお任せします。
それにこれらの箇所は、プロにお任せする方が隅々までキレイにしてもらえます。それ相応の道具も洗剤もお持ちなので、自分でやるより明らかに効果的!

でもキッチンの掃除は、油が落ちてキレイになっていくのが楽しいので自分でやってます。
私って、カビ汚れより油汚れの方が好き(?)なのかしら?

労力がかかること

大型家具の組み立て設置は、2人以上で来てササッと組み立ててくれます。文句も言わずにやってもらえるので、夫に頼むよりいい!

でも、最近はプロではない担当者もいるのでハズレの場合も・・・。
先日組み立て方を間違えられて結局自分で組み立て直したので、やっぱりその道のプロに来てもらいたかった!

自分より技術力の高い人にお願いしたいと感じました。

自分の専門外のこと

仕事面ではコンサルティングやコーチングを受けています。

自分だけでは自信がなかったり効率が悪かったりしますが、プロはその業界のあらゆる情報を仕入れているのでかないません!
分からないこと、知りたいことはピンポイントで教えてもらっています。

実は、以前私が片づけのサポートをさせていただいたお客様のお一人で、私が苦手としている分野のプロという方もいらっしゃるんです。
今度は逆に、私が頼る側に。

自身の特性を見極める

人はそれぞれ得意・不得意があるもの。
得意なことは自分でやって、不得意なことはプロにお願いして。

自分自身の特性を見極めるのも大事なこと。

なんでもできる人は自給自足できちゃいます!って、そんな人はそうそう居ませんから。

「自分でがんばらなきゃ!」 の呪縛を解き、苦手なことは人に頼って

本当にやりたい大切なことに
時間と労力を費やしていきましょう!

関連記事

  1. 暮らす人目線で見る【快適収納生活ショールーム】

  2. 洋服の買い物はイヤ!苦手な買い物をラクにする工夫

  3. やるべきことを忘れずに実行するには?

  4. どんどん増えていく書類、どう精査する?

  5. 小学校卒業、お役目御免のランドセルをどうする? Part-2

  6. 引越し予定がなくても、片づけのチャンスはやってくる!

  7. 大型冷蔵庫、女性には動かせない?思い込みって恐ろしい・・・

  8. 多摩の【チャリティお片づけ相談会】お客様ご感想

最近の記事

アーカイブ