確定申告データは一気に入力!忘れっぽい私の対処法

確定申告、私は例年3月1日前後に書類提出を済ませます。

まぁ提出期限ギリギリというわけではありませんが、諸々のデータ入力は提出直前、集中して一気に打ち込みます。

パソコンがMacのため「弥生の青色申告」は使えず、似たような帳簿ソフトの「やるぞ! 青色申告」を愛用中。

 

昨年は半年分を、7月頃と提出間際の2回に分けて入力しましたが、毎回入力方法を思い出すことから始まります。
そこで「どうせ思い出す時間が必要ならば、1回だけにしよう!」と考え、今回は丸一年分の領収書を溜めておいて、一気入力を試してみました。

 

やはり思い出す時間は必要なのですが、一度思い出しさえすればOK。その後はただひたすら打ち込む作業に没頭できるので、なかなかいい方法です。
本来であれば毎月月末に締め、収支状況を把握すべきところですが、なにぶん「コツコツ」「マメに」が苦手なもので・・・。そして、入力件数が膨大な方にもあまりオススメできません。ちなみに私の今年の入力件数は約250でした。

 

ただし、交通費だけは領収書として記録がないので「どこの駅まで行っていくらかかったのか」を調べながらの入力になりました。

さすがにこれは面倒!

そこで、今後交通費だけはその都度手帳にメモしておこうと思います。
と言いつつ、もうすでに3月。
早くこの方法を定着させないと!

 

その他、確定申告関連書類はこんな感じで保管してます。

  1. 領収書は受け取るたびに書類用の引き出しトレーに入れ、全て一箇所に集約。
  2. データ入力時にトレーごと持ってきて1件ごとにデータを打ち込み、領収書は月別に角形3号サイズの茶封筒へポンポンと入れるだけ。糊付けして貼る作業は省いています。
  3. 入力したデータから提出書類を作成、プリントアウトして税務署へ提出。
  4. 最後にA4サイズのフラットファイルに茶封筒と出力書類や控えの書類をまとめて綴じ、保管書類としてファイルボックスに入れて完了!

 

なるべく少ない手間で申告を済ませ、その後の管理も困らない程度のザックリ収納が私の目標。年々ラクにはなってきていますが、今後も工夫を重ねていこうと思います!

関連記事

  1. ハンガーはお気に入りだけど・・・クローゼットは使いにくい【モノカウント…

  2. ホントはもっとスムーズに動けるはず!キッチン収納

  3. 暮らしの変化に対応できるフレキシブルな商品【2018インテリアライフス…

  4. 【自宅の情報書類整理】はビジネス向けの片づけ方法が有効

  5. 【無料メール講座 配信開始】早期ご登録者様限定プレゼント!

  6. 子どものジグソーパズル、どうしまう?付属の収納袋を使いこなせない場合