要・不要の判断に迷った時の効果的な方法

ここのところ急に寒さも増し、いよいよニット類を引っ張り出してちょこちょこと衣替えをしています。

去年着ていた時にはあまり気にならなかったシミも、今シーズン改めて広げて見ると結構残念な状態。
はっきり言ってビックリ!
こんな汚れたのを着ていたなんて・・・。
これらを丁寧に保管していた自分が、急に情けなくなってしまいました。

このように

時間をおいて眺めてみると、以前見えなかったものが目に入るようになります。

『モノ』だけでなく、『コト』についても同じですよね。
自分が渦中に居ると正しい判断ができないけれど、改めて考えると冷静に判断できたり、新たな気づきがあったり。

モノの選別をする時に
「もうこれは要らないかなぁ、でも思い切って手放すのもなぁ」と迷ったら、一度寝かせてから再び見ると「あら?なんでこれ取っておいたんだろう?」と思うほど、あっさり判断を下すことができたりします。

悩んで時間をかけるくらいなら、とりあえず寝かせておきましょう!
あくまでも保管場所があれば、ですが。

関連記事

  1. どんどん増えていく書類、どう精査する?

  2. 自分の中では当たり前になっている「思い込み」

  3. ホントはもっとスムーズに動けるはず!キッチン収納

  4. 片付けのお悩み予防にオススメ!『ついやっちゃう行動』への気づ…

  5. 「目標」も大事だけど、年初めに考えたい夢や願いごと

  6. 読書嫌いな子どもに、本を読ませたいお母さんのための心得

  7. 準備はお早めに。わかっちゃいるけどできない私を変えるヒント

  8. 溜まりがちな保冷剤、減らそうと思ったけどやめました。【モノカ…

  9. 素敵インテリアにするために、知っておくべき自分のこと

  10. 疲弊しやすい頑張り屋さんのための『リセット方法』

  11. 断捨離したのに片付けがラクにならないのはなぜ?

  12. 収納本やSNSで見る素敵なお部屋、そのまま真似すれば片づく?…