要・不要の判断に迷った時の効果的な方法

ここのところ急に寒さも増し、いよいよニット類を引っ張り出してちょこちょこと衣替えをしています。

去年着ていた時にはあまり気にならなかったシミも、今シーズン改めて広げて見ると結構残念な状態。
はっきり言ってビックリ!
こんな汚れたのを着ていたなんて・・・。
これらを丁寧に保管していた自分が、急に情けなくなってしまいました。

このように

時間をおいて眺めてみると、以前見えなかったものが目に入るようになります。

『モノ』だけでなく、『コト』についても同じですよね。
自分が渦中に居ると正しい判断ができないけれど、改めて考えると冷静に判断できたり、新たな気づきがあったり。

モノの選別をする時に
「もうこれは要らないかなぁ、でも思い切って手放すのもなぁ」と迷ったら、一度寝かせてから再び見ると「あら?なんでこれ取っておいたんだろう?」と思うほど、あっさり判断を下すことができたりします。

悩んで時間をかけるくらいなら、とりあえず寝かせておきましょう!
あくまでも保管場所があれば、ですが。

関連記事

  1. 保護中: 【無料メール講座 配信開始】早期ご登録者様限定プレ…

  2. 忙しい毎日でも、時間を確保して自身の「おへそ」を知る

  3. 服の持ち方は「暮らしやワークスタイル」と共に変化させて

  4. 素敵インテリアにするために、知っておくべき自分のこと

  5. 『片づけ』それ、本当に自分でやりたいことですか?

  6. 年賀状はどう保管する?迷いがなくなる「マイルール」

  7. 時間をうまく使いたい!働くママの土台づくり

  8. 片付けのお悩み予防にオススメ!『ついやっちゃう行動』への気づ…

  9. 暮らす人目線で見る【快適収納生活ショールーム】

  10. 自分の中では当たり前になっている「思い込み」

  11. 片づけを効率よく進めるコツ

  12. 「片づけ」が「癒し」になる!それは○○を出せるから