要・不要の判断に迷った時の効果的な方法

笑顔を増やす暮らしの最適化

ここのところ急に寒さも増し、いよいよニット類を引っ張り出してちょこちょこと衣替えをしています。

去年着ていた時にはあまり気にならなかったシミも、今シーズン改めて広げて見ると結構残念な状態。
はっきり言ってビックリ!
こんな汚れたのを着ていたなんて・・・。
これらを丁寧に保管していた自分が、急に情けなくなってしまいました。

このように

時間をおいて眺めてみると、以前見えなかったものが目に入るようになります。

『モノ』だけでなく、『コト』についても同じですよね。
自分が渦中に居ると正しい判断ができないけれど、改めて考えると冷静に判断できたり、新たな気づきがあったり。

モノの選別をする時に
「もうこれは要らないかなぁ、でも思い切って手放すのもなぁ」と迷ったら、一度寝かせてから再び見ると「あら?なんでこれ取っておいたんだろう?」と思うほど、あっさり判断を下すことができたりします。

悩んで時間をかけるくらいなら、とりあえず寝かせておきましょう!
あくまでも保管場所があれば、ですが。

古後 静古後 静

古後 静

北欧ライフスタイル好きの収納空間プランナーです。住宅建築業界を経た後、整理収納サービス提供10年超え。【整理収納】×【住宅設計】両視点から考える収納設計のTipsをご紹介します。丁寧な暮らしに憧れるのに「面倒くさい」が口癖の元リケジョ。ラクするための家事効率アップの仕組み作りが得意な反面、『日々の暮らし』を楽しむことにも挑戦中。

関連記事

TOP