小学校卒業生のランドセルを寄付しませんか?

ラクが続く暮らしのひと手間

昨年の今ごろ、小学校を卒業した息子のランドセルを寄付しました。

ランドセルって、誰も何も言わないのに『日本の小学生は持っているのが当たり前』みたいになっていますよね(笑)。そして小学校生活の6年間、毎日ランドセルを背負って学校に通うわけで。
こんなに長年お世話になるランドセルなのに、小学校を卒業すると全くといっていいほど使い道がないような・・・。

でも「使わなくなったから処分しましょう!」という気持ちにはなかなかなれない人が多いんじゃないかと思います。仮に、使っていた子ども本人はあっさり「もういらないから捨てちゃう!」と言っても、親の方が「えーっ、ちょっとそれはどうなの?」と未練タラタラになるご家庭もあるのでは?

我が家も、息子はあっさり要らない派でしたが、私が「なんだか捨てるにはもったいない」という気持ちになっていました。かといって、家のどこかに保管しておきたいと思うほどでもなくて・・・。

そんな時にこの【愛のランドセル寄付プロジェクト】を知って、きゃー、なんてありがたい素敵な企画!と思ったんです。

 

そして、この時に利用させていただいた寄付プロジェクトが今年も開催されます!

期間は2020年4月1日(水)から2020年6月7日(日)20時まで。
ランドセルの必要数量に達し次第締め切りになるとのことなので、気になる方はお早めに。
詳細は【愛のランドセル寄付プロジェクト】をご覧ください。

 

「ランドセル、もう要らないんだけどどうしよう?」って同じように悩まれている方には強くオススメします!お部屋も気持ちもスッキリしますよー。

古後 静古後 静

古後 静

北欧ライフスタイル好きの収納空間プランナーです。住宅建築業界を経た後、整理収納サービス提供10年超え。【整理収納】×【住宅設計】両視点から考える収納設計のTipsをご紹介します。丁寧な暮らしに憧れるのに「面倒くさい」が口癖の元リケジョ。ラクするための家事効率アップの仕組み作りが得意な反面、『日々の暮らし』を楽しむことにも挑戦中。

関連記事

TOP